消費者被害団体組織運営を支えるReBORNsのインフラ

被害者団体の組織拡大や被害の広報と個人のプライバシーの秘匿は相反するものがあります。ReBORNsは被害者団体が

​個人の情報を守りつつ団体の募集や情報の拡散、そして運営に至るまでをサポートするインフラを提供しています

WORK SPACES

被害者組織の運営やMeetingには会議ができる場所やインフラが必要です

​ReBORNsでは市ヶ谷にあるReBORNs Baseを被害者組織の為にお貸出ししています。

忙しいオフィス

HomePage

​被害者が被害を訴えるにしろ、被害者を集めるにしろホームページは必須です。ReBORNsでは被害者団体結成に伴う被害者団体ホームページの制作から運営、SEO対策までほぼ全てを一貫して行います。

オーガナイズドデスク

Mail Magazine

​被害者の組織運営には情報の配信は欠かせません。ReBORNsではMailの同報配信から既読/未読のトラッキングが可能なメールシステムを提供します。一人もこぼれぬことが無い強い団体結成をサポートします

ソーシャルネットワークの概念

Membership Fee

被害者組織の運営の為には少なからずお金が必要です。しかし、被害者組織は任意団体である為、口座作成が難しくまた会費の収集業務に大きな労力を割かざるおえません。ReBORNsでは被害者組織が会費を集められる納入システムを構築しており、月会費、年会費等用途に合わせて会費納入代行を行います。

​※代行には決済会社の代行手数料がかかります

お札と小銭

Communications

被害者同士の綿密なやり取りはオフラインの会議だけにとどまりません。
ReBORNsではTeams, WorkPlace, ChatWorks, LINEWORKS,等ビジネス向けのSNSの構築、運用サポートを行い、円滑な団体内コミュニケーションのサポートを行っています。

ビジネスミーティング

Online Seminer

被害者へ告知するにも、団体説明を行うにもセミナーイベントは重要です。ReBORNsでは500人規模の参加者が登録参加可能なオンラインセミナーイベントを提供するファシリティを用意しています。

​またオペレーションに関してもサポートしております。

ビジネスプレゼンテーション

Studio

ReBORNsでは会議室の一角を撮影用のスタジオにして利用可能にしています。
​複数台のカメラ、マイク、オーディオインターフェース、照明、OBSを使い、YoutubeやLive配信に対応可能です

​(2021年9月改装予定)

プロ仕様の写真スタジオ

Mail Address

ReBORNsでは団体向けに独自ドメインによるメールアドレスの作成もしています。

独自ドメインのメールアドレスは対外的な信用を得ることに加え、フリーメールでは利用できないクラウドサービスの開設等に利用可能です。

グローバリゼーションのコンセプト

Facility

ReBORNs市ヶ谷Baseでは被害者組織の運営に必要な以下のファシリティを用意しています。

・高速光回線インターネット WIFI

・電源/USB給電

・50インチテレビ

・360度Web会議用カメラ

・筆記用具

・プリンター

・シュレッター

・給湯設備

・ドリンク/コーヒーメーカー

・ホワイトボード

・応接スペース

コピー機プリンター

Online Meeting

被害者は全国に渡ります。何時でもオンラインで集まれ会議が実施できるようReBORNsではZoomを利用したオンライン会議予約システムを提供しています。

被害者組織の会員ならばいつでも会議を設立してオンラインにて会議開催が可能です

​※会議にはZoomホストの参加が必要です

在宅勤務

Media

被害の状況や真実を知ってもらうにはメディアの力が必要になります。ReBORNsでは新聞、雑誌、TV報道局含む多くの記者に案内を代行して行うことや、プレスリリースを被害者組織の為に行っております。

テレビインタビュー

Flyer Brochure

チラシや冊子はアナログながら被害の状況、オフラインでの被害者集めに非常に有効なものです。ReBORNsではチラシ作成、デザインから発注、事務所での納品、保管まで一貫して行うことにより被害者団体をサポートしています。

チラシを持って男

Social Network

被害者集めにも、被害の告知でも衆知にはソーシャルネットワークの力が必須です​。ReBORNsでは被害者団体どおしの相互扶助を呼びかけ300人以上の参加者にて告知事項の周知の協力を呼び掛けています。

旅行アプリ

Virtual Avatar

動画を配信したいけど、身バレが問題と言うことがあります。ReBORNsではAdobe Character Animator等最新の技術を利用したヴァーチャルアバターの制作も行っています。
カメラの前でリアルに話すとアバターがあなたに代わってプレゼンテーションをする

​そんな動画が作成可能です

PAPA最終.gif

Phone

被害者を集めるにしても、メディアとコンタクトするにしても電話は必要ですが、団体として番号を取得するのは被害者団体には困難です。

ReBORNsではIP Phoneの仕組みを活用し、03や0120番号の提供や本格的なコールセンターの仕組みをクラウドを利用して提供可能にしています。

重要な電話での連絡を逃すことはありません​

電話する男性